スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ast Fender The Twin

CA3E0359.jpg




AstのFender The Twin、パワー管を交換いたしました。


以前にSPをEVM-12L×2へ交換しましたが、


パワー管を交換したことにより、


今では更にサウンドの違い顕著に。


アタックに対するレスポンスが早いですね、EVM-12Lは。


そして音の輪郭も向上しました。


宜しくお願いします!




(スタジオ担当 ツルサワ)






スポンサーサイト

EV / EVM 12L

110618_1234_01


Astudioのコンボアンプのスピーカーユニットを交換。


先日もお伝えしましたが、正確に言えば「やっとボルトが見つかった・・・」。


110618_1235_01


元々のエミネンスからエレクトロボイスへ。


「こんなんアリか?」と自問自答しましたが、「アリ」でした。(笑)


何事も体感することが手っ取り早いですね。


当分コレでいきます。


ロックンロール。






(スタジオ担当 ツルサワ)








YAMAHA B100Ⅲ ②

YAMAHA B100Ⅲ-003
YAMAHA B100Ⅲ / A studio


いろいろツマミはありますが、基本的なEQコントロール部分。


VOLUME/TREBLE/MIDDLE/BASS


コメントのしようが無いほどシンプル。


潔い。


それではまた!






(スタジオ担当 ツルサワ)
7月の無料レンタル機材 「Fender '59 Bassman Reissue」
http://studiofreeway.com/

YAMAHA B100Ⅲ

YAMAHA B100Ⅲ-001
YAMAHA B100Ⅲ / A studio


A studioのベースアンプ「YAMAHA B100Ⅲ」。
個人的な話ですが、いつもベースを弾く時は、コイツに繋いでしまいます。
アンペグとかあるんですが・・・。
良い意味で、弾く楽器に対して素直なところに誘われてしまうのです。
その昔、パラEQの使い方を知ったのもこのアンプ。
またまたご案内を。


YAMAHA B100Ⅲ-002


自前のB100Ⅲにブギーのキャビを繋いで、ギターで使用されているお客様には驚いたなぁ・・・。






(スタジオ担当 ツルサワ)
7月の無料レンタル機材 「Fender '59 Bassman Reissue」
http://studiofreeway.com/

Marshall JCM900/model 2100 ⑥

jcm900-009
Marshall JCM900/model 2100 / A studio


簡単に言ってしまえば、1チャンネル、3ボリューム、マスターVolがA/B切替可能、
そして100Wのmodel2100。
ハイ・ゲインなディストーションサウンドが特長ですが、
PREAMPとGAINの調整によって、ザラついたヌケの良いクランチもなかなかです。


jcm900-010


キャビネットはJCM800 LEAD-1960B。
若干時代が違いますが、これでいいのです。
よろしく!






(スタジオ担当 ツルサワ)
7月の無料レンタル機材 「」Fender '59 Bassman Reissue
http://studiofreeway.com/

Marshall JCM900/model 2100 ⑤

jcm900-007
上:EL34仕様 JCM900/2100 下:5881仕様 JCM900/4500


EL34/6CA7系はブリティッシュ、6L6/5881系はアメリカン、
ギターアンプのパワー管の違いには、そんな表現が用いられることがよくあります。
EL34っていえばマーシャルを思い浮かべますし、
6L6っていえばフリーウェイにあるものでは5150、レクチ、The Twin。
うまいことお国が分かれます。


それでは5881搭載のJCM900はアメリカンか?
ちなみに5881管はクリアでパキパキ感のあるトーンが特長。
改めて比較してみました。
結論から言いますと、JCM900はJCM900でしたね。(笑)
面白くなくてすみません。
もともとJCM900はプリ段で深い歪みを作る設計になっているので、
劇的なサウンドの変化はそれほどでもありませんでした。
ひとつ挙げるとすれば5881仕様の方が、
高域の伸びというかピークがEL34仕様より上にあるように思います。
もうこれは好みでしょうか。


明らかにパワー管の違いが体感できるとすれば、ヴィンテージタイプのリイシューモデルでは?
同時期の1959SLPや1987Xにも5881管なんですよ。
こちらはよりパワー管によるドライブの違いが顕著に表れるんではないでしょうか。
未体験なのでいつか弾いてみたいと思います。


私、保守的なんで、精神的にはEL34がいいなぁと。
まあ、音が気に入ればどっちでも良いんですけどね。
皆さんも見かけたら、試してみてください。
それではまた!!






(スタジオ担当 ツルサワ)
7月の無料レンタル機材 「」Fender '59 Bassman Reissue
http://studiofreeway.com/



Marshall JCM900/model 2100 ④

これ、忘れてました。
JCM900にはフロントパネルに、「SL-X」ってロゴが入っているモデルがあります。
フリーウェイにある2台のモデルとも表記はありませんが、
実はプリ管の本数が違いまして・・・。
ノーマルのモデルが3本、
「SL-X」モデルが1本追加の4本、より歪みに重点をおいた仕様になってます。
90年代は続々と他メーカーからハイゲインアンプが登場してましたからね。
恐らくその辺りを意識していたのでは?






(スタジオ担当 ツルサワ)
7月の無料レンタル機材 「」Fender '59 Bassman Reissue
http://studiofreeway.com/
プロフィール

studio FreeWay

Author: studio FreeWay
愛知県名古屋市千種区にあるスタジオフリーウェイ
音楽スタジオとレコーディング、CD/DVDプレスのお店です。
当店スタッフからみなさんへ
最新ニュースから独り言までお伝えします。
名古屋市千種区新西2丁目14-10
052-760-6607
http://studiofreeway.com/

本日のご来場者
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2投票
質問 あなたの好きなギターアンプは?
やっぱりMarshall!
JC、Jazz Chorus だよね?
PEAVY 5150 でしょ。
The Twin もいいよ。
VOX 最高!
SOLDANO で決まり。
他のがいいな。

コメント



- アクセス解析 -

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。