スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恐ろしいほどの

湿気が・・・。


ここ数日、非常に気になってます。


楽器には大敵ですねぇ。


neck-001


特にネックはご用心。


皆様もお気を付けくださいませ。






(スタジオ担当 ツルサワ)
7月の無料レンタル機材 「Fender '59 Bassman Reissue」
http://studiofreeway.com/

スポンサーサイト

「WE ARE FREEMAN」 EVE×SCAPTIVE

we are freeman-001
「WE ARE FREEMAN」 EVE×SCAPTIVE


ポップなジャケットも良ければ、ポップな楽曲もいいですね。
これだけパッケージと音楽がリンクしている作品も久しぶりです。
GOOD MUSIC!!


we are freeman-002






(スタジオ担当 ツルサワ)
7月の無料レンタル機材 「Fender '59 Bassman Reissue」
http://studiofreeway.com/



YAMAHA B100Ⅲ ②

YAMAHA B100Ⅲ-003
YAMAHA B100Ⅲ / A studio


いろいろツマミはありますが、基本的なEQコントロール部分。


VOLUME/TREBLE/MIDDLE/BASS


コメントのしようが無いほどシンプル。


潔い。


それではまた!






(スタジオ担当 ツルサワ)
7月の無料レンタル機材 「Fender '59 Bassman Reissue」
http://studiofreeway.com/

YAMAHA B100Ⅲ

YAMAHA B100Ⅲ-001
YAMAHA B100Ⅲ / A studio


A studioのベースアンプ「YAMAHA B100Ⅲ」。
個人的な話ですが、いつもベースを弾く時は、コイツに繋いでしまいます。
アンペグとかあるんですが・・・。
良い意味で、弾く楽器に対して素直なところに誘われてしまうのです。
その昔、パラEQの使い方を知ったのもこのアンプ。
またまたご案内を。


YAMAHA B100Ⅲ-002


自前のB100Ⅲにブギーのキャビを繋いで、ギターで使用されているお客様には驚いたなぁ・・・。






(スタジオ担当 ツルサワ)
7月の無料レンタル機材 「Fender '59 Bassman Reissue」
http://studiofreeway.com/

8月の無料レンタル

毎年この暑さがやって来ると、車内でAC/DCを爆音で聴きたくなるのは私だけでしょうか?


200908 free-001


8月の無料レンタルは「Marshall JCM900 model4500」。
以前、model2100をご案内した時にも登場しましたパワー管が5881のタイプです。
現行のSL-Xも5881ですが、コイツはプリ管が3本、50W仕様です。


200908 free-002






(スタジオ担当 ツルサワ)
7月の無料レンタル機材 「Fender '59 Bassman Reissue」
http://studiofreeway.com/

John Sykesであるならば・・・

ホワイトスネイクは初期のブルージーな時期も素晴らしいですが、
個人的には、やはりギターがJohn Sykesの頃のインパクトが強烈です。
私もその昔、必死で「bad boys」や「still of the night」をカバーしたもんです。
昨日から引き続き、本日はWeightsnakeのギター。
ギターのこだわりもサウンドもプレイも素晴らしいのですが、
それ以上にプレイヤーさんにビックリ。
こちらのギターは鈴木新さんのSykes仕様のレスポール・カスタム。
お会い出来て光栄です。


sykes-02


まずは一言、美しい・・・。
鈴木さんからご丁寧に説明を頂いたのですが、
サイクス好きの私にしてもその内容が細か過ぎまして・・・。(笑)
鈴木さん曰く、パーツ交換のあまり、シグネイチャーの価格を超えてしまったとか。


sykes-03


もちろんパーツ類はミラー仕様、PUはダーティーフィンガー。
エスカッションはちゃんと金属なんですね。
コレ、なかなか見つけるのは大変。
私にとっては言われなければわからないのですが、
まだまだ鈴木さんにとっては未完成のようでして・・・。


sykes-01


そして左に見えるのがストラップ!
こんなモノ見たことが無いと思いましたら、
先日、海の向こうから届いたそうです。
日本には無いですよね。
まさにこのストラップ、John Sykesの写真で拝見できるアレですか?
鈴木新さん、参りました・・・。


鈴木さんは楽器のこだわりだけではなく、
このバンドにおいてのギター・プレイもとんでもなく素晴らしいのです。
凄いというかヤバイです。
ここまでくると「愛」です。


HPはコチラ→Weightsnake






(スタジオ担当 ツルサワ)
7月の無料レンタル機材 「Fender '59 Bassman Reissue」
http://studiofreeway.com/



Neil Murrayであるならば・・・

昨日に引き続き。


ホワイトスネイクといえば、現在までも含めて非常にメンバーの出入りが激しいバンドですね。
ファンの方でも、それぞれ思入れのある時期があるのでは?
ってことでWeightsnakeのベースの岩田さん。
演奏する側にも、それはこだわりがある訳でして。
Neil MurrayだったらB.C.Rich MOCKINGBIRD BASSであろうと。
そうです、あの頃です。


BC-002


最近の日本製ではなく、80年代前半のUSA製。
形は派手ですが、ナチュラルってこともあり実物は非常に渋い雰囲気も漂うベースです。
ネックもしっかりとした造りで、生鳴りも凄く良いのでビックリ。
それでも岩田さん、Neil Murray本人はPUカバーが黒ってことで、
まだご納得されていないとか・・・。(笑)


BC-003


非常に美しいボディ・トップですねぇ。
演奏も素晴らしいので、興味のある方は是非ライブに足をお運びください。






(スタジオ担当 ツルサワ)
7月の無料レンタル機材 「」Fender '59 Bassman Reissue
http://studiofreeway.com/

Weightsnake

weightsnake-001


最近ではとても素晴らしいトリビュートバンドが数多くいらっしゃいますが、
こちらも凄いバンドでございます。
その名も、Weightsnake
名古屋発、「White」ではなく「Weight」な「snake」です。
HPでその素晴らしい演奏を聴くことが出来ます。
演奏だけでなく、ご使用の楽器の入れ込み方もハンパではございません。
ご了解の上、撮影させて頂きましたので、また後ほど。
それではまた!






(スタジオ担当 ツルサワ)
7月の無料レンタル機材 「」Fender '59 Bassman Reissue
http://studiofreeway.com/

Marshall JCM900/model 2100 ⑥

jcm900-009
Marshall JCM900/model 2100 / A studio


簡単に言ってしまえば、1チャンネル、3ボリューム、マスターVolがA/B切替可能、
そして100Wのmodel2100。
ハイ・ゲインなディストーションサウンドが特長ですが、
PREAMPとGAINの調整によって、ザラついたヌケの良いクランチもなかなかです。


jcm900-010


キャビネットはJCM800 LEAD-1960B。
若干時代が違いますが、これでいいのです。
よろしく!






(スタジオ担当 ツルサワ)
7月の無料レンタル機材 「」Fender '59 Bassman Reissue
http://studiofreeway.com/

Marshall JCM900/model 2100 ⑤

jcm900-007
上:EL34仕様 JCM900/2100 下:5881仕様 JCM900/4500


EL34/6CA7系はブリティッシュ、6L6/5881系はアメリカン、
ギターアンプのパワー管の違いには、そんな表現が用いられることがよくあります。
EL34っていえばマーシャルを思い浮かべますし、
6L6っていえばフリーウェイにあるものでは5150、レクチ、The Twin。
うまいことお国が分かれます。


それでは5881搭載のJCM900はアメリカンか?
ちなみに5881管はクリアでパキパキ感のあるトーンが特長。
改めて比較してみました。
結論から言いますと、JCM900はJCM900でしたね。(笑)
面白くなくてすみません。
もともとJCM900はプリ段で深い歪みを作る設計になっているので、
劇的なサウンドの変化はそれほどでもありませんでした。
ひとつ挙げるとすれば5881仕様の方が、
高域の伸びというかピークがEL34仕様より上にあるように思います。
もうこれは好みでしょうか。


明らかにパワー管の違いが体感できるとすれば、ヴィンテージタイプのリイシューモデルでは?
同時期の1959SLPや1987Xにも5881管なんですよ。
こちらはよりパワー管によるドライブの違いが顕著に表れるんではないでしょうか。
未体験なのでいつか弾いてみたいと思います。


私、保守的なんで、精神的にはEL34がいいなぁと。
まあ、音が気に入ればどっちでも良いんですけどね。
皆さんも見かけたら、試してみてください。
それではまた!!






(スタジオ担当 ツルサワ)
7月の無料レンタル機材 「」Fender '59 Bassman Reissue
http://studiofreeway.com/



開演までも遅れる場合あり

メンバー様より強行宣伝!!であります。

2009年8月12日(水) 今池ドーム(Live House HUCKFINN)
       open/start 18:00/18:30
       詳しいくはコチラまで → X IMAIKE


imaike-1


ここまでされると感動してしまいます。
ある意味泣けます。
是非!!






(スタジオ担当 ツルサワ)
7月の無料レンタル機材 「」Fender '59 Bassman Reissue
http://studiofreeway.com/

Marshall JCM900/model 2100 ④

これ、忘れてました。
JCM900にはフロントパネルに、「SL-X」ってロゴが入っているモデルがあります。
フリーウェイにある2台のモデルとも表記はありませんが、
実はプリ管の本数が違いまして・・・。
ノーマルのモデルが3本、
「SL-X」モデルが1本追加の4本、より歪みに重点をおいた仕様になってます。
90年代は続々と他メーカーからハイゲインアンプが登場してましたからね。
恐らくその辺りを意識していたのでは?






(スタジオ担当 ツルサワ)
7月の無料レンタル機材 「」Fender '59 Bassman Reissue
http://studiofreeway.com/

Marshall JCM900/model 2100 ③

フリーウェイのオプションには、JCM900がもう一台あります。


jcm900-005
Marshall JCM900 model 4500 ¥105/1h


モデル名の下に「5881」とステッカーで表記があります。
シャーシ内にも同じように表記が。


jcm900-006


そもそもEL34と5881と、2種類のパワー管のモデルがあるのは、
90年代前半にEL34の供給が不安定であったことからです。
JCM900以外にも1959等のヴィンテージ・リイシューでも5881搭載モデルがあります。
EL34に戻ったのは98年頃からのようです。
元に戻ったということですね。
AスタジオのJCM900はEL34、こちらは5881、
大まかなサウンドの傾向の違いはどうなんでしょうか?


それではまた!


jcm900-007






(スタジオ担当 ツルサワ)
7月の無料レンタル機材 「」Fender '59 Bassman Reissue
http://studiofreeway.com/

Marshall JCM900/model 2100 ②

jcm900-004
Marshall JCM900/model 2100 / A studio


ビックリな楽器が続いたので、JCM900が止まってました。

JCM900 model2100、ご覧の通り100W出力です。


jcm900-003


「100W Hi Gain Master Volume MkⅢ」、
わかりやすいネーミングです。
Master Volが切り替え可能なんですね。
そしてパワー管はEL34です。
実は90年代のJCM900は、パワー管が5881のモデルもありまして・・・。
次はその辺を少しお話ししたいと思います。






(スタジオ担当 ツルサワ)
7月の無料レンタル機材 「」Fender '59 Bassman Reissue
http://studiofreeway.com/

めまいに・・・

襲われました。


いつもお世話になっているお客様のKさん。
あまりにも渋いツィードケースだったのでお尋ねしたところ、


「産まれ年のギターです。」


頭が混乱・・・、


st-001




メイプル指板って・・・、


恐れ入りました。






(スタジオ担当 ツルサワ)
7月の無料レンタル機材 「」Fender '59 Bassman Reissue
http://studiofreeway.com/

HAMMOND etc・・・

HAMMOND1


ロゴだけでも雰囲気ありますねぇ。


HAMMOND2


壮観。


HAMMOND3


コイツで鳴らすわけです。
その心意気・・・、素敵だ。






(スタジオ担当 ツルサワ)
7月の無料レンタル機材 「」Fender '59 Bassman Reissue
http://studiofreeway.com/

Marshall JCM900/model 2100

jcm900-001
Marshall JCM900 model 2100 / A studio


A studioのFENDER THE TWINの相棒、Marshall JCM900 model 2100。
Marshallは、シリーズ名が同じでもモデル違いで仕様が微妙に変わってます。


jcm900-002


コイツは「model 2100」、少しずつご紹介を。






(スタジオ担当 ツルサワ)
7月の無料レンタル機材 「」Fender '59 Bassman Reissue
http://studiofreeway.com/


FENDER USA THE TWIN ⑤

余談ですが、「SUNN」ブランドから当時フェンダーのOEM生産という形で、
THE TWINが発売されてました。
たまに中古市場にも出てます。
ロゴが違うだけで、中身は「FENDER THE TWIN」なんですよね。






(スタジオ担当 ツルサワ)
7月の無料レンタル機材 「」Fender '59 Bassman Reissue
http://studiofreeway.com/

FENDER USA THE TWIN ④

ch2


フェンダーらしいヌケの良いクランチ・サウンドから、
フェンダーらしからぬ?ドライブ・サウンドまで可能な2チャンネル。
この2チャンネルは非常に幅が広いサウンド・メイキングが可能なんです。


コントロール部は、
・GAIN
・TREBLE(PULL FOR BOOST)
・MID(PULL FOR BOOST)
・BASS(PULL FOR BOOST)
・PRESENCE(PULL FOR NOTCH)
・VOLUME(PULL FOR CH.SEL.)


「PULL」って?
ツマミを手前にチョコッと引っ張るんですね
TREBLE、MID、BASSであれば、もう一押し欲しい所がBOOSTします。
音作りの幅が広がりますよ。






(スタジオ担当 ツルサワ)
7月の無料レンタル機材 「」Fender '59 Bassman Reissue
http://studiofreeway.com/

FENDER USA THE TWIN ③

THE TWINはそれまでのフェンダーと違って、幅広い音作りを意識された設計がされてますね。
2チャンネル仕様で、より深い歪みが可能です。(当時としての歪みですけど。)


ch1


まずはチャンネル1。
VOLUME/TREBLE(PULL FOR BOOST)/MID(PULL FOR CUT)/BASS、
コントロール部はこんな感じです。
こちらのチャンネルはクリーンチャンネルで、
フェンダー社独特の煌びやかなクリーン・トーンの流れを十分に受け継いでます。
やっぱり100Wってことで、クリーンでもかなりパンチのある音作りまで可能です。






(スタジオ担当 ツルサワ)
7月の無料レンタル機材 「」Fender '59 Bassman Reissue
http://studiofreeway.com/

FENDER USA THE TWIN ②

F THE TWIN-002
FENDER USA THE TWIN / A studio


80年中頃~90年中頃に製造されていたモデル。
ご覧の通り「赤ノブ」期のTHE TWINです。


チューブは、
・12AX7 ×5
・12AT7 ×2
・6L6GC ×4
12インチSPが2基の100W仕様です。


フェンダーのコンボタイプで100W出力、
他のモデルに比べてかなり迫力があります。






(スタジオ担当 ツルサワ)
7月の無料レンタル機材 「」Fender '59 Bassman Reissue
http://studiofreeway.com/

FENDER USA THE TWIN

F THE TWIN-001
FENDER USA THE TWIN / A studio


フリーウェイで一番料金がお値打ちなA studio


Ast-g-amp-001


ご覧の通り、FENDER、Marshall、JCのスタンダードなセット。
少しずつご紹介を。






(スタジオ担当 ツルサワ)
7月の無料レンタル機材 「」Fender '59 Bassman Reissue
http://studiofreeway.com/



ドラムもそれぞれ

d-001


ドラマーさんの数だけセッティングもいろいろ。
本日も個性的なセットと出会ってしまったので、のれん?から撮影。






(スタジオ担当 ツルサワ)
7月の無料レンタル機材 「」Fender '59 Bassman Reissue
http://studiofreeway.com/

カセットテープ・・・

え~16歳の少年から、
「カセットテープって何処に売っているんですか?」
と聞かれまして・・・。
一瞬、何を仰っているのかわかりまへんでした。
時代ってやつでしょうか。


ud1






(スタジオ担当 ツルサワ)
7月の無料レンタル機材 「」Fender '59 Bassman Reissue
http://studiofreeway.com/

8月分のご予約スタート!!

本日より8月分のご予約が始まりました。
お早目のご予約をどうぞ。


7月の無料レンタル機材は、


bassman001


Fender '59 Bassman Reissue。






(スタジオ担当 ツルサワ)
7月の無料レンタル機材 「」Fender '59 Bassman Reissue
http://studiofreeway.com/
プロフィール

studio FreeWay

Author: studio FreeWay
愛知県名古屋市千種区にあるスタジオフリーウェイ
音楽スタジオとレコーディング、CD/DVDプレスのお店です。
当店スタッフからみなさんへ
最新ニュースから独り言までお伝えします。
名古屋市千種区新西2丁目14-10
052-760-6607
http://studiofreeway.com/

本日のご来場者
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2投票
質問 あなたの好きなギターアンプは?
やっぱりMarshall!
JC、Jazz Chorus だよね?
PEAVY 5150 でしょ。
The Twin もいいよ。
VOX 最高!
SOLDANO で決まり。
他のがいいな。

コメント



- アクセス解析 -

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。